国民年金の保険料支払金額

保険料支払金額

国民年金は基本的に月々の支払いで、平成22年で1万5100円ですが、月々
280円ずつ増加しているため、平成29年で1万6900円になる予定です。

ただ、これはあくまで予定であり、賃金上昇率によって変化する場合が
あります。
実際には国民年金の納付書に記載されている金額を支払います。

また、厚生年金のように給料によって支払額が増減することはありません。
もっと支払いたい、という場合には付加年金か、国民年金基金に加入し、
収入が少ないので支払額を少なくしたい場合は市町村役場にて免除申請を
行ってください。

免除

免除は前年の年収によって決まり、年収額によって3分の1、2分の1、3分の2、
全額免除が決められます。

免除によって支払額が減ったり、全額免除でも年金の支払い期間には数えられ
ます。

また、全額免除でもわずかながら支給額は増加されます。

国民年金納付の期限

法令で「納付対象月の翌月末日」と決まっており、納付書にも期限は
書かれています。

ただ、納付期限を数日過ぎたからといって納付に特別な手続きが
必要なわけではなく、銀行の窓口へいけばペナルティなどもなく受け付けてくれるため、
期限を過ぎてしまったらなるべく早く納付手続きをするようにしましょう。

付加年金とは 追納 老齢基礎年金
遺族基礎 学生 サラリーマン
障害者 公的 個人事業主、自営業
免除、猶予の条件 被保険者とは 厚生、仕組み
少子化 繰下げ請求 2005からの引き上げ
基金 将来受け取れる額 育児休業中の免除
寡婦年金 加入期間が不足 サラリーマンの妻
メリット、デメリット TOP