学生納付特例とは、年金猶予と追納

学生の年金猶予とは

日本国民はすべて20歳を超えると国民年金の納付義務が生じるため、本来なら大学や専門学校へ進学した
学生も20歳になった時点で支払わなければいけないことになります。

しかし学生として学費を納めながら、さらに負担が増えるのは厳しい場合もあると思われます。
そのため、学生である国民は20歳を超えても国民年金の納付猶予が適応されるのです。

ただ猶予といっても、進学せず働きながら年金を納めている人と比べると払っていない分に関しては
将来もらえる年金が減額されてしまいます。
それは嫌だという人は学生でも納付をするか、一定期間内に追納を行うことで将来もらえる支給額を
減らさないようにすることが出来ます。それが追納制度です。

追納を行えば、遅れた分もらう時に少なくなるようなことはありませんので生活費などに苦しければ
迷わず利用すべき制度でしょう。
ただし、学生であっても20歳になって何もしなければ年金未納となってしまうので、
猶予してもらうために学生納付特例制度に申請をしておきましょう。

追納制度

追納制度とは年金の滞納や猶予期間があった場合にその期間を遡って納税できる制度ですが、
遡ることが出来る期間は決められていていつまででも待ってもらえるわけではありません。下記

・滞納していた分を支払う時は2年間

・猶予期間を支払う時は10年間

つまり猶予期間は滞納の時と比べてはるかに待ってもらえる期間が長いため有利です。
学校を卒業して就職してから追納について考えるというのでも十分だと思われます。

付加年金とは 未納時の追納と支払い 老齢基礎
遺族基礎 少子高齢化の問題 サラリーマン
障害者 公的年金 個人事業主、自営業
免除、猶予の条件 被保険者とは 厚生、仕組み
繰上げ、繰下げ 年金引き上げ 基金
将来受け取れる額 育児休業中 寡婦年金
加入期間が不足 サラリーマンの妻 保険料支払額
メリット、デメリット TOP