サラリーマンの妻の年金額免除条件

サラリーマンの妻の保険料

夫が厚生年金に加入していて、夫の収入によって生活している
妻は保険料なしで国民年金に加入できます

サラリーマンの妻は、第三号被保険者届けを事業主経由で年金事務所に
提出することで、国民年金に加入でて、なおかつ保険料の支払いは免除
されます。

もちろん他の保険料を払っている人と扱いは同じですので、かなり
優遇されていることになります。

第三号被保険者の条件

専業主婦のように妻にまったく収入がない場合は問題なく加入できますが、
パートであっても収入を得ていれば、年収が130万円未満であるかどうかが
条件となります。

年収が130万円以上になったり、夫が退職をした場合には第一号被保険者と
なり、保険料を納めなければいけません。

付加年金とは 追納と支払い 老齢基礎年金
遺族基礎 学生 サラリーマン
障害者 公的 個人事業主、自営業
免除、猶予の条件 被保険者とは 厚生、仕組み
少子化 繰下げ請求 2005からの引き上げ
基金 将来受け取れる額 育児休業中の免除
寡婦年金 加入期間が不足 保険料支払額
メリット、デメリット TOP