国民年金基金とは、税金控除などのメリット

国民年金基金とは

任意で加入できるタイプの保険ですが、民間の保険ではなく、国によって運営されています。

加入者

個人事業主やフリーランスなど、正社員として勤めている人以外が任意で加入できます。

これは正社員が厚生年金強制加入なのに対し、個人事業主やフリーランスなどは国民年金のみ
になる事があるため、将来の受取額を増やしたい人向けにつくられた制度だからです。

厚生年金は事業者が半分支払ってくれますし、給与によって支払額が上がります、
それに対して国民年金は収入にかかわらず一定額で、将来に受け取る金額はほとんどの厚生年金
加入者より圧倒的に少ないため、国民年金基金のような制度で将来の受取額を増やすことは
意味があることなのです。

ただし個人事業主やフリーランスでも国民年金の延滞や猶予で支払をしていない人は加入する
事が出来ません。

支払い額、受取額はどれくらいか

付加年金が月額400円の固定なのに対して国民年金基金は上限、下限はありますが、その範囲内なら
任意で支払金を増減して将来の受取額を調整する事が出来ます。

税金面で有利

支払額は全額所得控除となるため節税対策としても有効な制度となっています。

付加年金とは 未納時の追納と支払い 老齢基礎年金
遺族基礎 学生 サラリーマン
公的年金 障害者 個人事業主、自営業
国民年金の免除、猶予の条件 被保険者 厚生、仕組み
少子高齢化の問題点 繰上げ、繰下げ請求 引き上げ
将来受け取れる額 TOP