65歳で年金加入期間が不足している場合の対策

年金の加入期間について

年金は保険料をおさめていた期間、金額が多いほど支給されるときの金額も
大きくなりますが、支給には「最低加入期間」が定められていて、「25年」
を満たさなければどれだけ保険料を納めていても支給されません。

65歳を迎えて最低加入期間が不足している場合

65歳を超えると保険料の納付は終わり、支給される側となるわけですが、
その時点で25年の加入期間に達していない場合は救済措置として70歳まで
加入し続けることができます。
70歳まで保険料を納め続け、加入期間が25年に達すればその後、支給をうける
ことができるわけです。

また、年金は2年間さかのぼって納めることができるので、未納期間がある場合
はそれを利用して加入期間を増やすこともできます。

付加 未納時の追納と支払い 老齢基礎年金
遺族基礎 学生 サラリーマン
障害者 公的年金とは 個人事業主、自営業
免除、猶予の条件 被保険者とは 厚生、仕組み
繰上げや繰下げ請求 2005 基金
将来受け取れる額 育児休業中 寡婦年金
サラリーマンの妻 保険料支払額 メリット、デメリット
TOP