年金の第1,2,3号被保険者とは

年金の第1号被保険者とは

自営業者のような正社員として勤務していない形態の人で国民年金のみに
加入している人のことです。

サラリーマンが給与などによって保険料が変動するのに対し、こちらの人は
月額固定(年によって変動)の金額を支払います。

その分サラリーマンとして長く勤めた人に比べると将来の受取り額が少なくなる
傾向にあるので、民間の個人年金などに加入して将来の受取り額を増やす人も
多くいます。

年金の第2号被保険者とは

サラリーマンや公務員のような雇用形態の人で、国民年金の他に厚生年金、または
共済年金に加入している人です。
保険料は給与額によって変わります。

年金の第3号被保険者とは

第2号被保険者の被扶養配偶者、一般的にはサラリーマンや公務員の奥さんの事で、
保険料の負担はありませんが、年金を納めている事になり将来お金をもらう事が
できます。

被扶養配偶者は専業主婦のように収入がない方もいるための配慮です。

付加年金とは 未納時の追納と支払い 老齢基礎年金
遺族基礎 学生納付特例 サラリーマン
障害者 公的年金 個人事業主、自営業
免除、猶予の条件 被保険者とは 厚生、仕組み
少子高齢化 繰上げ、繰下げ 引き上げ
基金 将来受け取れる額 育児休業中の免除
寡婦年金 加入期間が不足 TOP