個人事業主、自営業者の年金

個人事業主、自営業者は厚生年金に加入できない

正社員として会社に勤務しているサラリーマンなら誰もが加入している厚生年金に
加入できないというのが個人事業主、自営業者の年金が少なくなる大きな理由です。

そのため、別の年金制度に加入して将来安定したお金を受給するか、年金に頼らなくても
大丈夫なくらい貯蓄する、という選択が必要だと思います。

ずっと働き続けるという選択肢もあると思いますが、健康面の問題といつまでも事業が上手く行くとは
限らないという心配が出てくるでしょう

別の制度については「国民年金基金」「付加年金」、それに年金制度ではありませんが、「小規模共済制度」があります。

国民年金基金

掛金は全額所得控除(他の制度は年5万まで)、プラス毎月納める額は変動できるという安心があります。

掛金と受け取れる金額の計算はこちら様よりしていただけます。

付加年金

毎月400円ずつ収める事で65歳からの給付後に2年で元がとれるというとってもお得な
制度です。詳しい内容はこちら→付加年金とは

小規模共済制度

毎月7万円を上限に積み立てていく退職金のような制度です。
この制度は年金と違い、将来積立額より多くもらえるという事はありません。
満期まで積み立ててもそのまま返ってくるだけです。また途中解約すると元本割れも
ありえます。

利点は積立金の全額が税金控除されることです。
経費をあまり使わなくて税金が高くなってしまう、個人事業主、自営業者の方におすすめです。
詳しい内容はこちら→ 小規模企業共済制度とは、節税とデメリット

付加年金とは 未納時の追納と支払い 老齢基礎年金
遺族基礎 学生 サラリーマン
公的年金 障害者 個人事業主、自営業者
国民年金の免除、猶予の条件 被保険者 厚生、仕組み
TOP